ニュース一覧

独占業務が3つある

男性

多くが公認会計士に

具体的な案件に則った所得金額と税額などの相談は、税理士資格を持っていなければできません。大阪のファイナンシャルプランナーは税金に関する知識は豊富ですが、税務相談はできないため、税額等の具体的な話は禁じられています。この他に大阪の税理士が独占業務として請け負うのが、税務代理業務と税務書類の作成です。税務代理業務とは、法令に則って青色申告や確定申告を承認して申請する代理業務と税務署の決定に不服だった場合の申立てや届出の代理業務、税務調査の立会いの代理業務を指します。そして税務書類の作成は、税務官公署への提出書類を税理士の責任と判断で作成することです。大阪で独立開業している税理士事務所のほとんどは、公認会計士として一般企業の監査やコンサルティングなどを務めており、さらに税務業務も行っています。税金の申告や税務処理、財務監査などは、企業が大きくなるにつれて大変さも増してきます。ですから、税務業務のプロフェッショナルである税理士に任せるのが自然な流れです。なお、公認会計士とは会計及び財務のプロフェッショナルとなり、独占業務は財務諸表監査です。これは企業が作る財務諸表が、財務状態や経営成績を正しく表示しているかを判断し意見を表明する作業のことです。大阪の公認会計士が監査に入ることで利害関係者は企業に社会的信用を感じることができます。様々な取引は、公認会計士が支えているとも言えるでしょう。海外に進出する企業も少なくないため、それに付随する形で海外で活躍する公認会計士も少数ではありません。