男性

独占業務が3つある

大阪の税理士は、税務代理と税務書類の作成、税務相談を独占業務としています。さらにほとんどの税理士は公認会計士の資格を持ち、企業の監査及びコンサルティングを行います。公認会計士の独占業務は財務諸表監査で、企業の社会的信用を高めるのが重要な役割です。

計算する人

特徴を把握して選ぼう

新宿の税理士を選ぶ場合は、顧問料や対応可能な日時といった特徴を調べることが大事です。すると、ベストな新宿の税理士に依頼することができるようになります。特徴を把握するのであれば、情報収集に力を入れましょう。

困る男性

税の専門家の仕事

税理士の仕事は、確定申告書などの税務書類の作成、税務調査などの税務に関する代理対応、納税者の個別事案に関する税の相談に大別されます。これらは税理士法に定められた独占業務であり、資格を持たない者が行う事はできません。

ニュース一覧

ウーマン

請求時の注意点

慰謝料請求を行うときは目的をはっきりさせておくことと、事実確認を行っておく事が大切です。懲罰や反省が目的の場合は当事者同士の話し合いなどの方が有効なこともあります。また事実確認をしないで請求すると新たなトラブルの元にもなりかねないので注意が必要です。

人形とそろばん

日常業務から会計全般

会計業務を税理士に相談することで、煩雑な業務をお願いでき、本業により集中できるだけでなく、財務面でのアドバイスを得ることができます。港区で会社法人や個人で事業を起こしている方は、ぜひプロの税理士に相談してみてください。

ベンチャーなどを対象に

女性

創業のサポートをしている

港区の税理士事務所では、ベンチャーの支援を行っているところなどもあります。こうした港区の税理士事務所では、原価低減、コスト削減などのコストリダクションや売上げ増加のサポートをしているところなどもあります。港区の税理士事務所の中には、税理士だけではなくて公認会計士が在籍している事務所などもあります。港区では、ITに強いということをセールスポイントにしている税理士事務所などもあります。港区は、会社も多いということから経営サポートに特化している税理士事務所なども増えています。歯科医院向けのサービスを展開している税理士事務所などもあります。税理士事務所によって、得意としているビジネス分野が違うということはよくあるので、どんな業種を主に扱っているのかで選択することも大事です。中小企業庁が認定する経営改革等支援機関となっている事務所もあります。実績や実力が評価されている事務所などもあるということから、そうした点でも選択することが出来ます。港区だけではなくて、23区に特化して展開している税理士事務所などもあります。こうした専門家を活用していくということであれば、どんな部分が得意なのかを知っておくということがとても大事です。得意としている分野を活用していくことで、より成果を得やすい状態にしておくことが出来ます。現在では、色々な企業の顧問となっている事務所などもあります。システム化されているところも多いので、利用しやすいです。